ぺんぎんブログ

ペントノート gt/vo p.e.nの考えてること、伝えたいこと、どうでもいいこと

心のドクター

好きな俳優さんが自殺したというニュースを見た

 

男女問わず人柄の素敵な人や、アーティスティックな魅力のある人はやっぱり惹きつけられる。

 

元々は姉がファンだったこともあり、気になる存在だったのだけど、次第に出る作品があればチェックするような俳優さんだったので、会ったこともない人なのに、なんだか喪失感と寂しさがあり不思議です。

 

私も一番近い存在の人を同じ理由で亡くしたことがあるのでいろいろと思うところもあったし、自分も危ない時期があった。

 

中学で精神科に通っていた頃、大したカウンセリングもなく次々と増えていく薬に、病院に殺される、と思いました。

それに気付くことができ、通うことをやめました。

 

その時に沢山救ってくれたのが、友達でも家族でもなく、音楽だった訳です。

 

その頃から、音楽は心の"心のドクター"なんだということを知りました。

頭もよくないし、医者になれるわけでもなけど、心のドクターならなれるのではないかと思いました。

 

みんな自分の経験したことでしか物事を測れないだろうし、

芸術を軽視する人達は、そうゆう経験がないからであってそれはしょうがないけど、もっとこうゆう概念をもつ人が沢山いることを、自分も伝えていきたいと思う。

 

p.e.n

 

 

変わらない頭

SNSを整理していたら過去の記事が。

 

 

 

 

「音楽を辞めたらどうしますか?って質問は、死んだらどうしますか?って質問と同じだから困っちゃいます。

もう私にとって音楽を作ることは好きなことともちょっと違うし、依存とも違う。

馴染みすぎてしまったから、もう周りから何を言われても一生やめられないんだろうな。
何があっても生きていきます。」

 

 

 

頭ん中って意外と変わらないな。

本紹介①

先日ツイキャス で紹介したオススメの本達。

 


天国からはじまる物語/ガブリエル・ゼヴィン

 

中学生の頃に学校の本棚で見つけた。
死後の世界では毎年一つずつ歳が若返っていく。0歳になった時にはあちらでいう"死"が待っていて、またこの世界で赤ちゃんから人生が始まる。
ふたつの世界で追いかけ探し合う主人公達の話。
どっちが死後の世界なのか、何が正解なのか価値観が少し変わった本。

 

 

I LOVE YOU/石田衣良伊坂幸太郎

 

人気著者達による恋愛短編小説集。
この中の魔法のボタンって話がMAGIC BUTTONの題材。
これも小中学生くらいの時に読んで泣いた記憶が。

上品なお味。

 


今日の人生/益田ミリ


益田さんは上京してから、心が疲れた時とか毎日がつまらなく感じてしまう時に読んだら、癒されたり隠れた幸せを再確認できるような本だと思う。何気ない日常を少し楽しめる。

 

 

またちょくちょく好きな本紹介したいと思います◎

f:id:p-e-n:20200506213000j:imagef:id:p-e-n:20200506213005j:imagef:id:p-e-n:20200506213010j:image

時の流れ

なんだか最近月日の流れが早く感じる

 

毎日同じようなことをして過ごすとあっという間に時間が過ぎるように、

 

必要最低限しか外に出られないということは、日々に変化を付けにくい。

 

だけど人生の中でどんな状況の時も無駄な思い出にしないように、今しかない環境や感情を噛み締めて丁寧に生活をしたいものです。

 

よくあっという間に◯◯歳になるよ、とか◯◯歳からはあっという間だよとかって言う人がいるけど、人それぞれの過ごし方によって時間の体感は全然違うものなんじゃないかと思う。

 

いつも新鮮なことを探して、ゆっくりゆっくり人生を過ごしたい。

後悔しないように。

 

 

ここ一ヶ月くらいは新曲を何曲か同時にアレンジしたりしていて、相変わらず引きこもりでしたが、それに関してバンドの打ち合わせがあり、日曜日に久しぶりにスタジオに入りました。

 

本当にであれば4/26は LIVEがありました。

そんなきっかけもあり少し特別な気持ちで人前で(配信で)歌を歌った。

当たり前にできる環境での演奏と、当たり前にはできない環境での演奏はやっぱり違うものでした。

 

次はいつLIVEができるかわからないけれど、楽しみに、その為に今できることを精一杯がんばりたいですね◎

ど天然黒歴史

‪寝る前ぼーっとしていたら‬
‪唐突に、ど天然黒歴史を思い出した‬

‪まず前置きとして、私はあまり顔がかっこいいということに執着がなくて、例えるなら顔がかっこいいというのは、髪が長いとか、色が白いということのようにただの特徴だと捉えている‬
‪それを踏まえた上で、‬

‪昔友達の彼氏の写真を見て、率直な気持ちとして「顔はかっこよくないんだね!」と発言したことがある‬
‪そうそう!と話が続くかと思ったら‬
‪変な雰囲気になった‬
‪髪が長いね!と言ったのと同じ気持ちだった私は悟った‬

‪その時はわからないけれど、後になってから反省する時が多々‬

‪そんなこんなで人に嫌われることは沢山ありますが、それを笑ってくれる人を大事にしていきたい、自分なりに成長していきたいと思う今日この頃です‬。

今日もお疲れ様でした◎

大切な出会い

こんばんは、p.e.nです!

元気にお過ごしですか?

 

最近、「ペントノート」のことをもっとたくさんの方に知っていただく為、Twitterで自らお声がけさせていただいています。

 

こうゆうのは、色んなことを思われるだろうし、ネガティブなイメージが強かったから、ちょっと前の自分なら出来なかったこと。

(相手がどんな気持ちになるかとか一々考えすぎてしまいます)

でも長い年月の葛藤の中、意を決した訳です。

 

そこから、SNSでは素敵な出会いも沢山あることを知りました。

一つ一つの大事な記事を拡散してくださることや応援のメッセージをくださることなど、

人の優しさに触れられることも多々あって画面越しながらいつもいつも当たり前ではないなと感動させられています。

ありがとうございます。

 

そして、みんなの思ってることや、初めて音楽に出会った時のこと、想いなどをダイレクトに知ることができるのがとても興味深く楽しいです。

 

それで、ちょっと自分の音楽との出会いのこともお話ししてみたくなりました。

 

過疎地域の田舎暮らしで、気軽に遊べる同級生もいなかった私は学校のない日はほぼ毎日家に引きこもっていました。

 

インターネットが、TVでも見ることができない外の世界を知れる唯一の場所でした。

小学生の頃のある日、ネットサーフィンをしていたらASIAN KUNG-FU GENERATIONのブラックアウトが流れてきたことを今でも鮮明に覚えていて、自分の中の小さな世界が大きく変わる衝撃でした。

それから親に連れて行ってもらった街のゲオでアジカンのCDを全部借りました。

なんていい音の楽器(ギター)なんだろう、この気持ちの良い歪みはなんだ??と心が高揚して、車の中で何度も何度もリピートさせました。

顔がニヤニヤしました。

それからすぐネットの通販でギターを衝動買いした訳です。(貯めたお年玉)

色んな素晴らしいバンドに出会ったのもこれがきっかけ。

そして、いつしか自分が素晴らしい世界をつくりたいと思うようになって。

 

励ましたい時、わからなくなった時、初心を思い出す。

思い出は宝物。

 

バースデーライブ

いつでも期待しすぎてしまうといい結果にはならないけど、力を抜いてみるとサプライズのようにいいことがふと降ってくるものだなと思う。

 

今年の誕生日には、ライブが満員になったり、東京では滅多に見られない雪が降ったり、たまたま行ったプラネタリウムで好きなアーティストの音楽を聴けたり。

予期せない最高なプレゼントがたくさんありました。

 

先日、今年1つ目の自主企画ライブ(下北沢BREATH)で無事ソールドアウトを達成し、

次なる目標に向けて動いています。

小さなものから大きなものまで。

次の目標としては、2つ目の自主企画8/29(土)阿佐ヶ谷ON THE LOOF +でのライブをソールドアウトで成功させること。(詳細は後日!)

また皆さんと最高な日を作るために頑張ります◎